人気のジギング船では様々な釣りが楽しめる

誰でも楽しむことができる趣味の世界とは

演歌の人気

売り上げ金額が伸びている

近年の音楽マーケットは苦戦している状況です。しかし、演歌や歌謡曲については好調に推移しています。演歌・歌謡曲のシングルの売り上げがほぼ順調に伸びていることが根拠の一つでしょう。 これには理由があり、他ジャンルのアーティストと積極的にコラボレーションをしていることが挙げられます。それ自体は目新しいことではありませんが、演歌・歌謡とのコラボレーションは意外性があると感じられることが多いのです。そのため、世間で話題となって注目されることが増えます。これが、マーケットが好調に推移している一つの原因となっています。 コラボレーションには様々な種類があり、他ジャンルの作曲家が演歌の曲を提供したり、アーティスト同士が共演するパターンなどが有名です。

演歌の歴史と変遷について

演歌はもともと演説歌の略語でした。明治時代の自由民権運動がきっかけとなり、政治への批判、風刺を歌にして宣伝する手段だったのです。その頃、演説に関する取り締まりが厳しくなったことを受けて、その代わりに歌を歌ったのが始まりといわれています。明治後半から心情を主に歌う社会風刺的な歌が歌われるようになり、宣伝手段から音楽へと変遷しました。 昭和に入り、流行歌と呼ばれる分野が音楽の世界で大きくなりました。そのとき育まれた音楽性や技巧が現在の演歌に用いられています。 現在の演歌が生まれたのは1960年代の頃で、本来の政治的、社会的風刺の要素が抜け、音楽要素だけが残ることとなりました。 そして、現代では様々なジャンルと融合し、新たな魅力を生み出しています。

↑ PAGE TOP